ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地震 | トップページ | 献呈された人々 »

2011年3月13日 (日)

そもそも献呈とは

「特定の個人に作品を捧げること」とひとまず定義するが、議論の余地も残る。「あなたのために書きました」といって手稿譜をプレゼントすることは献呈には含まれないことがある。もらった側が、大切に保存した結果、後日出版されることもあるが、これは献呈ではない。

マッコークルは毎度の事ながら大変厳密だ。以下の通り4つに分けて記載されている。

  1. 印刷譜表紙に献呈の辞がある。
  2. ブラームスから自筆譜を贈られている。
  3. ブラームスから筆写譜を贈られている。
  4. ページの一部を贈られている。

ブラームスはこれらを上手に使い分けて交友関係の潤滑油にしていたと感じる。

重みという面では上記1番がもっとも価値がある。

印刷譜の表紙に献呈の辞が書かれるという不可避の条件があるからだ。ここに単なるプレゼントとの大きな違いがある。ヨアヒムに贈られた「FAEソナタ」や、クララに贈った「弦楽六重奏曲第1番第2楽章のピアノ版」は献呈ではなく単なるプレゼントだ。

献呈は、印刷譜の表紙に明記されることで、「贈り手」「受け手」以外に事実が公表されるという見逃せない側面が生じる。

単なるプレゼントは、贈り手と受け手の秘密にすることも出来るが、献呈の場合は、両者のひとかたならぬ関係を世の中に知らしめることになる。「私はこの人を大切に思っています」ということを世間に公開する機能が図らずも発生するということだ。

献呈相手を調べることはブラームスの交友史をたどることにほぼ等しい。

という訳でアラビアンナイト計画の次のなるお題は「献呈」だ。地震発生のため1日遅れの開幕。

« 地震 | トップページ | 献呈された人々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そもそも献呈とは:

« 地震 | トップページ | 献呈された人々 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ