ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 悪乗りついで | トップページ | 出版の遅れ »

2011年3月 3日 (木)

発番の担い手

2009年7月14日の記事「作品番号のコントロール」でブラームスが自作に付与する作品番号をある程度コントロールしていたかもしれないと書いた。

ブラームスは手許の作品を出版社に送付する際、表紙に印刷する作品番号をいちいち指図していたと解したい。作品の出版がジムロックの独占体制になる以前は、その手のコントロールがますます重要になる。出版済み作品のうちの最も大きい番号が、最新の作品とは限らないからだ。大管弦楽作品とピアノ小品では、刷り上がりまでの所要時間が違っていて当たり前だ。先に渡した大管弦楽作品よりも、後から渡したピアノ小品の方が先に刷り上るというのは大いにあり得る。

だから現在流布する作品番号は、厳密には作品の完成順ではなくて、出版のためにブラームスが出版社に原稿を手渡した順となる。発番のコントロールは、あくまでもブラームス本人が司っていた。本人の一括管理が絶対に必要だ。

« 悪乗りついで | トップページ | 出版の遅れ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発番の担い手:

« 悪乗りついで | トップページ | 出版の遅れ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ