ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« マーケットシェア | トップページ | 作曲家全集 »

2011年3月 6日 (日)

ヘルテルの牙城

現在に至るもなお、楽譜出版の雄として君臨するブライトコップフ&ヘルテル社の創業は、1719年に遡る。ベルンハルト・クリストフ・ブライトコップフがライプチヒで出版業を起こしたことに始まる。楽譜出版に手を染めたのは二代目のヨハン・ゴットロープ・インマニュエルの時代だ。1755年である。ところが同社は3代目の時代に経営に行き詰まる。1795年おそらくそこでライプチヒの銀行団が送り込んだのが、ゴットフリート・クリストフ・ヘルテルだ。弱冠32歳のヘルテルは鮮やかに社業を回復させた。このときから同社は「ブライトコップフ&ヘルテル」という社号を用いることとなった。私がブログで単に「ブライトコップフ社」と書いているのは正確ではない。

昨日の記事で欧州の主要な楽譜出版社のマーケットシェアを知りたいと書いた。他人任せは良くないと調べてみたが、どうもブライトコップフ&ヘルテル社の地位は強大だった。ジムロックのブラームスのほか、マインツのショット社と蜜月だったワーグナーを除くと、ブライトコップフ&ヘルテル社の独壇場だ。

アガーテ六重奏曲出版にまつわるトラブル以降、ブライトコップフ&ヘルテル社と袂を分けたブラームスは、欧州を牛耳る大出版社と事を構えたということだ。おそらくそれはヘルテルの子供2代目の時代である。

« マーケットシェア | トップページ | 作曲家全集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルテルの牙城:

« マーケットシェア | トップページ | 作曲家全集 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ