ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 3拍子のマーチ | トップページ | ハンスリック »

2011年4月19日 (火)

聖ミヒャエル教会

ハンブルクのシンボルと位置づけられる教会。ハンブルク港を目指す船乗りたちの目印にもなったが、第2次世界大戦の時は連合軍の爆撃作戦の目標にもなったという。エストウエスト通りという見抜き通りに面している。

1833年にハンブルクで生まれたブラームスが洗礼を受けたことでも知られている。

さてさて1897年グスタフ・マーラーがカトリックへの改宗のため洗礼を受けたのが、聖ミヒャエル教会だとされている。マーラーの伝記を読むと必ず言及されているエポックだが、「ハンブルクの聖ミヒャエル教会」とだけされていて、はたしてブラームスが洗礼を受けたのと同一の教会なのか確認が出来ない。

周知の通りブラームスはプロテスタントだ。マーラーの改宗はローマカトリックへの改宗だから、同じ教会ではあり得ないかとも思う。岩波書店の「グスタフ・マーラー事典」では「小さな聖ミヒャエル教会」という表現が見られる。「小さな」というのが気になる。ブラームスが洗礼を受けたハンブルクのシンボルであるところの聖ミヒャエル教会とは別のという意味が「小さな」に込められている可能性がある。

« 3拍子のマーチ | トップページ | ハンスリック »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖ミヒャエル教会:

« 3拍子のマーチ | トップページ | ハンスリック »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ