ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 哀悼の意 | トップページ | 3拍子のマーチ »

2011年4月17日 (日)

やっぱりがっかり

グスタフ・マーラーが1897年4月16日にハンブルク最後の演奏会で、モーツアルトのレクイエムを演奏したと昨日書いたばかりだ。マーラーの演奏会の記録を調べていた興味深い発見をした。

そのハンブルクの演奏会の選曲がブラームスへの哀悼の意思表示だと推測したが、その直前の演奏会は、1897年3月31日ブダペストだった。4月1日から15日までちょうど15日間は、演奏会が空白だったのだ。マーラーの書簡集を調べるとどこにいたかがわかる。ウィーンにいたのだ。正確には4月1日から8日まで一週間のウィーン滞在だ。9日には友人宛の手紙がハンブルクから投函されている。これ4月16日のハンブルクでの最終公演を準備したものと思われる。

しかししかし、それならばブラームスの葬儀には出席出来たハズだ。4月13日の記事「ちょっとがっかり」で述べたように、ウィーン進出の恩人の葬儀に欠席とは水臭い。キャンセルの出来ぬ演奏会と重なっていたら仕方ないと4月15日の記事「欠席者のリスト」で書いたが、15日間も演奏会の空白があり、ましてやウィーンに滞在したと判明した以上、がっかりが復活する。

もし葬儀への欠席が事実なら4月16日の演奏会のモツレクには「葬儀欠席のお詫び」の意味もこめられていたに違いない。

« 哀悼の意 | トップページ | 3拍子のマーチ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりがっかり:

« 哀悼の意 | トップページ | 3拍子のマーチ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ