ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 自転車 | トップページ | トラウン川のさざなみ »

2011年4月 2日 (土)

サイクリング

気候の良いシーズンに、景色の良いところを自転車で遠乗りするのは気持ちがいい。

1893年から1896年にかけて毎夏、ハンブルク市立歌劇場指揮者だったグスタフ・マーラーはオーストリア・アッター湖東岸のシュタインバッハの別荘に住んだ。作曲に専念するためだったので作曲小屋と呼ばれている。2番目と3番目の交響曲が生まれたことで名高い。

マーラーがこの地を選んだのは訳がある。ウィーン宮廷歌劇場指揮者に就任するための周到な準備の一環として、ブラームスへの接近を図ったのだ。このシュタインバッハはブラームス晩年の避暑地バート・イシュルに近いのだ。マーラーはしばしば作曲の合間を縫ってブラームスをイシュルに訪ねた。イシュルまで片道25km弱の道のりを自転車で通ったという。

シュタインバッハを出てアッター湖東岸を南下する。約4kmのヴァイシェンバッハでアッター湖畔から離れて東南東に伸びる峠道に入る。ヴァイシェンバッハ川沿いに遡るということだ。ヘレン山脈南麓を進むこと12kmでミッテルバイシェンバッハに到達。ここからはトラウン川に沿って南西に向かい、6kmでブラームスのいるイシュルに着く。あたり一帯はザルツカンマーグートと呼ばれるオーストリア屈指の景勝地だ。往復50km近い道のりも30代半ばのマーラーには、心地よいサイクリングだったに違いない。

マーラーの心地よいサイクリングはブラームスの知遇を得るためだ。ウィーン宮廷指揮者就任の後ろ盾を求めての銀輪行。後にマーラーは「ブラームスの気に入りそうな面だけを見せるよう心がけた」と友人に語っている。百も承知のブラームスは、作曲はともかく指揮者としての才能を認め、協力を約束したという。

« 自転車 | トップページ | トラウン川のさざなみ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サイクリング:

« 自転車 | トップページ | トラウン川のさざなみ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ