ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 宮廷歌劇場指揮者 | トップページ | 競合 »

2011年4月13日 (水)

ちょっとがっかり

4月12日の記事「宮廷歌劇場指揮者」で、マーラーのウィーン進出がブラームス没のあわただしさの中で行われたと書いた。

マーラーは、ハンブルク市立歌劇場指揮者の身でありながら、ポスト獲得活動のためにウィーンに滞在していた。ブラームス没の翌日これに成功し、4月7日には報告の手紙をウィーンから送っている。

一方4月3日に死去したブラームスの葬儀は6日だ。ウィーン中を巻き込んだ盛儀だったという。ドイツ国内はおろか英国やフランス、オランダの諸都市からも弔使が訪れたという。棺を運んだ馬車の天蓋に巨大な花輪が2つだった。これらは故郷ハンブルクとウィーンが1つずづ出し合ったものだ。

マーラーの伝記を調べてもブラームスの伝記を調べても、マーラーがブラームスの葬儀に立ち合った形跡が浮かび上がってこない。マーラーほどの大物だ。葬儀に出れば何らかの記述が残るはずだ。それが発見できないのは参列しなかったのだと思う。このとき現ハンブルク市立歌劇場指揮者で、次期ウィーン宮廷歌劇場指揮者という立場のマーラーが、ハンブルクとウィーン双方に深いゆかりがあるブラームスの葬儀に出ぬということがあるのかと思う。

ましてやそのウィーンでのポスト獲得にはブラームスの支援が物を言ったのだ。作風の違いを乗り越え、指揮者マーラーの理解者ではなかったのか。弔使を送り込んだ諸都市のリストを見れば、ハンブルクが遠いという言い訳は失笑のタネでしかない。

現にドヴォルザークはプラハから駆けつけているではないか。

« 宮廷歌劇場指揮者 | トップページ | 競合 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとがっかり:

« 宮廷歌劇場指揮者 | トップページ | 競合 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ