ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Marcia funebre | トップページ | 独奏クライスラー »

2011年4月22日 (金)

得難い評価

2009年8月8日の記事「完璧なドンジョヴァンニ」でブダペストでのマーラー指揮の「ドン・ジョヴァンニ」の公演を聴いたブラームスが、絶賛したと書いた。

ブラームスによるそうした高評価を伝え聞いたマーラーが、友人にそれを報告した手紙が残っている。宛先はブラームスの書物にも頻繁に登場するホイベルガーだ。

マーラーは、ブラームスによる高評価を「目下のところ、もっとも有り難い評価」と表現して、たいそう喜んでいる。

問題の公演は1890年12月16日で、手紙の日付は12月23日になっている。このときマーラーの職場はブダペストだ。翌年1891年にはハンブルク市立歌劇場指揮者に就任する。ウィーンへの進出は、7年後のことである。ウィーンへの就職のアシストという具体的なうまみはまだ脳裏に無かったに違いないが、楽壇の重鎮ブラームスから評価される有り難みだけは、既に感じていたものと思われる。

« Marcia funebre | トップページ | 独奏クライスラー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 得難い評価:

« Marcia funebre | トップページ | 独奏クライスラー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ