ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« マーラーの交響曲第3番 | トップページ | 敏腕マネージャー »

2011年4月27日 (水)

エプシュタイン

ユリウス・エプシュタイン(1832-1926)は高名なピアニストで、ウィーン音楽院のピアノ教授も勤めた。

ブラームスの伝記への登場のしかたが面白い。1864年のことだ、エリザベート・フォン・シュトックハウゼンという乙女がブラームスの前に現われた。相当な才能と、これまた並大抵でない容姿に恐れをなしたブラームスは、彼女の指導を他人に押し付ける。このときエリザベートの指導を委ねられたのがエプシュタインだった。この乙女こそが後にハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルクと結婚したリーズルその人だ。

ブラームスとエプシュタインとは歳も近く、気を許したお友達だった。

時は流れて1875年。このころ既にウィーン音楽院のピアノ教授になっていたエプシュタインの前に15歳の少年が現われた。ピアノ演奏を聴いて感銘したエプシュタインは、少年をいきなり上級クラスに受け入れた。以降少年はエプシュタインの薫陶を受けて才能を開花させてゆく。ブラームスにとってのマルクゼンにも匹敵する存在だ。

少年の名はグスタフ・マーラー。

« マーラーの交響曲第3番 | トップページ | 敏腕マネージャー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エプシュタイン:

« マーラーの交響曲第3番 | トップページ | 敏腕マネージャー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ