ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« サイクリング | トップページ | 半旗 »

2011年4月 3日 (日)

トラウン川のさざなみ

ブラームスとマーラーの関係を論ずる際、しばしば引用されるエピソードがある。

ブラームスの夏の避暑地イシュル近郊で2人は散歩に出る。マーラーは傍らのブラームスに、「きれいな波が来ていますよ」とトラウン川を指さす。「新しい音楽の流れです」と切り出す。ブラームスは「ほほう」とばかりにマーラーが指し示す方角に目を凝らして「きれいだね」と大人の対応をする。「けれども、あの波が沼に注いで淀むのか、大海に達するのかが大切ではないかね」とチクリだ。

若きマーラーは自信に満ちて、楽壇の重鎮ブラームスを前にしても臆するところもない。「新しい流れ」を自らになぞらえ、ブラームスから同意を引き出すための先制攻撃に出た。

迎え撃つブラームスは、マーラーの中央突破をサラリと交わしつつ、肩の力の抜けた対応だ。川面の波を自らになぞらえたマーラーの寓意を受け止め、川の対照としての大海を持ち出す。ベートーヴェンの有名な例え「バッハは小川(Bach)ではなく、大海と称するべきだ」を踏まえている可能性も感じてしまう。「きれいはきれいだが、大切なことは他にある」とキッパリである。

マーラーという波が大海に注いだのかどうか、ブラームスが自分で確かめるには残された時間が少し短すぎた。

« サイクリング | トップページ | 半旗 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トラウン川のさざなみ:

« サイクリング | トップページ | 半旗 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ