ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ハンブルク市立歌劇場 | トップページ | 地震雷火事親父 »

2011年5月 5日 (木)

大火

米国では発生したハリケーンに名前を付ける。アルファベット順に男女交互の名前があらかじめ用意されている。日本の台風は毎年発生順に番号が付与されるに過ぎない。

台風には名前はつけなかったのだが、江戸時代にしばしば猛威をふるった大きな火事つまり大火には名前がついている。1657年の大火は「振り袖火事」、1682年のものは「お七火事」という具合だ。ハリケーンは発生と同時に命名されるが、火事は鎮火後だ。迫り来る火から逃れるだけで精一杯で名前をつけているヒマはない。大勢の人の命を奪う火事だが、その魔の手から逃げきった人々が後から名前を付けるのだ。

ブラームスの故郷ハンブルクも大火に見舞われた。

1842年5月5日午前1時に出火。折からの北西の風に煽られて丸2日燃え続けたという。消失面積は約160平方キロだ。ハンブルク市の下町ほとんど全てを焼き尽くしたこの火事の規模がどれだけかというと、神奈川県川崎市を焼き尽くしたくらいと思えばどれだけの一大事か想像が付く。

ブラームスの伝記のうちいくつかはこの大火に言及している。ブラームスはもちろん家族もこの火事で亡くなっていないが、親戚あるいは知人の中には命を落としたり家財を失ったりした人もいるだろう。それがブラームスのペシミスティックな人生観に影響を与えたという説を提示している記述もある。

何よりもブラームス9歳の誕生日の2日前だ。丸2日燃えたとあるから鎮火は5月7日だったハズだ。この年ブラームスは誕生日を祝ってもらえなかった可能性もある。

« ハンブルク市立歌劇場 | トップページ | 地震雷火事親父 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大火:

« ハンブルク市立歌劇場 | トップページ | 地震雷火事親父 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ