ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ロマン派の世代観 | トップページ | CBS »

2011年5月 1日 (日)

ベートーヴェン賞

ウィーン音楽院の在校生と卒業生が参加するコンクールの優秀者に授与される賞だ。賞金は500グルデン、約1000マルクであった。

1881年ウィーン音楽院卒業から3年を経たグスタフ・マーラーは「嘆きの歌」をもってコンクールに2度目の応募をするが、ブラームスやハンスリックを含む審査員からの拒絶にあう。マーラー関連の書物には「選に漏れた」程度の表現はなく、みな「拒絶にあった」等の激しい形容を用いている。

ワーグナーに心酔し、既にブルックナーとも深く親交があったマーラーの意欲作だ。2管編成を遥かに凌駕する大編成の管弦楽、混声合唱に、3人の独唱者を加え、40分の演奏時間を要する巨大な外見だけで、ドン引きする向きもあったに違いない。ブラームス本人のコメントは残っていないが、1873年から数年続けてオーストリア国家奨学金を獲得したドヴォルザークとの対応の違いは明らかだ。

立身出世を遂げた後、マーラーは「嘆きの歌」の選外を回想する。曰く「あのときベートーヴェン賞が取れていたら、全く違った音楽家人生になっていただろう」

« ロマン派の世代観 | トップページ | CBS »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン賞:

« ロマン派の世代観 | トップページ | CBS »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ