ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 2222本目の記事 | トップページ | 32年4ヶ月と1週間 »

2011年5月14日 (土)

義援金

音楽之友社刊行「ブラームス回想録集」第2巻136ページ。ホイベルガーの証言だ。

1895年5月16日の記述として、「一昨日開催されたアリーチェ・バルビのお別れコンサートの収益が、ライバッハ震災の義援金に回された」とブラームスが話してくれたとある。つまりそのコンサートは116年前の今日。ライバッハは現在のスロベニア共和国の首都リュブリャナのことだ。1895年に大震災があり市街全域が壊滅した。それに対する義援金のことだから一応辻褄はあっている。

しかしブラームス愛好家としては腑に落ちない点も残る。ブラームスがアリーチェ・バルビにぞっこんで彼女の結婚に伴う引退公演では急遽伴奏を引き受けたエピソードまである。このコンサートは1893年12月21日だから、ライバッハの震災よりずっと以前の話である。彼女のお別れ公演が1度ではなく数回あり、そのうちの1回が1895年5月14日だったということでなければ辻褄が合わない。1年半前の演奏会の収益を寄付するというのでは、タイミングが緩すぎる。

ともあれブラームスの伝記の中に登場するほぼ唯一の「地震ネタ」と申してよい。

« 2222本目の記事 | トップページ | 32年4ヶ月と1週間 »

コメント

ありがとうございました。
がっかりさせないようがんばります。

コメントの場所を間違えました、今のトップになってる記事にしたつもりだったのですが。

あくまでブラームス中心のブログとは承知しておりますが、余技と仰るドヴォルザークの項目が大変充実していたので、マーラーも期待してしまうところです。

それでは重ね重ね失礼しました。

<ハムテル8様

いらっしゃいませ。
ご声援ありがとうございます。ブログの本陣はブラームスでございます。マーラーやドヴォルザークはあくまでも余技ですので、ご留意くださいませ。

マーラーとドヴォルザークが好きなので、マーラー特集も期待してます^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義援金:

« 2222本目の記事 | トップページ | 32年4ヶ月と1週間 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ