ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 地震雷火事親父 | トップページ | イ長調の間奏曲 »

2011年5月 7日 (土)

天保の大飢饉

ブラームスの誕生日。しかも今年はラフォルジュルネでも取り上げられたというのに、本日のタイトルはいかにも怪しい。

じゃがいもはドイツの食糧事情の改善に大きく貢献した作物である。救荒作物としてのじゃがいもの効用だ。日本ではどうなっていたのかと調べた。申すまでもなく日本の主食は米だ。貨幣の代わりでさえある。だが救荒作物かと申せばそうではない。救荒作物とは米の不作を補う存在でなければならない。さつまいもや雑穀が地域の実情に合わせて栽培されていたという。全国共通という視点からなら味噌が俄然注目される。保存性抜群の蛋白源で、いざというときには藁を粉にして味噌をまぶして食べるなどという用法もあったらしい。味噌のたくわえがあれば餓死しないとまで言われている。江戸時代の飢饉は1年で収まらなかった。完全な終息には5年かかるケースも珍しくない。江戸の4大飢饉の中で最後にやってきた天保の飢饉は天保4年に始まった。やませの影響を強く受ける東北地方の被害が大きく終息までに5年かかったとされている。

毎度毎度の飢饉にいためつけられた人々は工夫もした。備蓄米だ。脳味噌のスランプに備えてせっせと記事を備蓄するのに似ている。その保存性が見込まれて味噌も重要な備蓄物資になった。時には5年に及ぶ飢饉の被害を見越して、東北の旧家では味噌7年分の備蓄を家訓として最近までこれが守られていたという話もあるくらいだ。

飢饉が始まった天保4年を西暦に直すことが本日最大のオチになる。それは1833年だ。ブラームスの生誕から5年間日本は未曾有の飢饉に襲われていたということだ。

昨夜ブラスマスイヴは、珍しくフランスワインで乾杯。貴腐にしては格安のお値段につられて買い求めたが、正解だった。

002

« 地震雷火事親父 | トップページ | イ長調の間奏曲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天保の大飢饉:

« 地震雷火事親父 | トップページ | イ長調の間奏曲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ