ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 32年4ヶ月と1週間 | トップページ | サブタイトル »

2011年5月16日 (月)

何卒ブラームス

一昨日の次女の高校オケデビュウのプログラムを眺めている。子供たちが趣向を凝らしたパート紹介が楽しい。3年生が引退で抜けても100名近くは残る。新体制が1年間挑む次回メインプログラムは、出来るだけ全員に出番があるような選曲をするようだ。

一昨日の演奏を聴いて、彼らの演奏でブラームスが聴きたくなった。ブラームスは金管楽器の出番がやや薄く、サブプログラムとの組み合わせが必須になるのだが、ブログ「ブラームスの辞書」のお奨めは、編成の厚み的にはシェーンベルク編曲ト短調ピアノ四重奏曲の管弦楽版。

  • ピッコロ1
  • フルート2
  • オーボエ2
  • イングリッシュホルン1
  • ピッコロクラリネット1
  • クラリネット2
  • バスクラリネット1
  • ファゴット2
  • コントラファゴット1
  • ホルン4
  • トランペット3
  • トロンボーン3
  • チューバ1
  • ティンパニ
  • グロッケンシュピール
  • シロフォン
  • 大太鼓
  • スネアドラム
  • シンバル
  • トライアングル
  • タンブリン

これに通常の弦楽五部が加わる。オリジナルのブラームスではちょっとありえない編成。とりわけ管楽器にはかなりのテクが要求される上に、アンサンブル上の難所も多いけれど親バカ補正で緩んだ脳味噌ながら一昨日のラヴェル「ラ・ヴァルス」を聴いた感じでは、努力目標の許容範囲だ。

交響曲が無理なら何とかこれをお願いしたい。何卒。

« 32年4ヶ月と1週間 | トップページ | サブタイトル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何卒ブラームス:

« 32年4ヶ月と1週間 | トップページ | サブタイトル »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ