ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« CBS | トップページ | ハンブルク市立歌劇場 »

2011年5月 3日 (火)

ベートーヴェン賞悲話

ハンス・ロットHans Rottという男がいた。ウィーン音楽院時代のグスタフ・マーラーの学友だ。才能ある男で卒業作品のコンペで惜しくもマーラーのピアノ五重奏曲の前に涙を呑んだ。マーラー自身も彼の才能を高く評価した。

ハンス・ロットは、1880年のベートーヴェン賞に応募すべく交響曲を完成させた。それを有力審査委員のブラームスにピアノで演奏して聞かせた。そこで彼は「作曲を諦めたほうがいい」というほどの酷評にあう。落ちたも同然というショックを受けて精神を病む。フランスに近いミュールハウゼンという街に職を求めて列車で赴任する途中、乗り込んだ列車にブラームスが爆薬を仕掛けたという妄想にかられて精神病院に収容される。4年後1884年にそこで没した。

悲しい話だ。ブラームスの伝記にはけして現われないエピソードである。

ブラームスとマーラーの間に横たわる越え難たい溝は、1881年の「嘆きの歌」の落選に先立つ悲劇によって予告されていたかのようだ。

« CBS | トップページ | ハンブルク市立歌劇場 »

コメント

<ハム様
いらっしゃいませ。ハンスロットについては今となっては何とも申し上げにくいところです。

 ブラームスはドヴォルザークを見出して、ドヴォルザークはついにはブラームスに匹敵するほどの大作曲家になるなど才能を見る目はあったんでしょうが、ハンス・ロットに関しては曇っていたんでしょうかね

「ブラームスが爆弾を仕掛けた」確かにこれは悲しい音楽史のエピソードですね(´・ω・`)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン賞悲話:

« CBS | トップページ | ハンブルク市立歌劇場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ