ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大火 | トップページ | 天保の大飢饉 »

2011年5月 6日 (金)

地震雷火事親父

東日本大震災の余韻さめやらぬ中だというのに、最近の子供たちにこれを示しても、何のことだか伝わらない可能性を真剣に考えている。七五調で心地よいリズムなのだが、どうにも伝わらない。「親父」の代わりに「津波」でも入れねば説得力がない。これはひとえに「親父」が怖くなくなったせいだ。困ったものだ。

古くは欧州にも似たような言葉があったらしい。「ペスト・狼・オスマントルコ」だ。キッチリ七七になっていて、日本語としても優秀だ。「地震が多くて建物が木造」の日本とはラインナップが違うようだ。ペストは時折欧州を襲う疫病の代表格。全人口の4分の1が犠牲になることも少なくない。ブラームスのウィーンでの住居に近いカール教会は、17世紀の流行の際、「ペスト退散」を祈願して建てられてものだ。

狼は放牧中の家畜や人を襲うが、神の使いとみなされていることもあって、嫌われる一方でもないようだ。そしてそしてオスマントルコだ。1453年のコンスタンチノープルの陥落以降、欧州人はオスマンの恐怖におののいた。国境を接するハプスブルク家とりわけウィーンは一層切実だったと思われる。

« 大火 | トップページ | 天保の大飢饉 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地震雷火事親父:

« 大火 | トップページ | 天保の大飢饉 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ