ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 駅コン | トップページ | 郵便番号 »

2011年6月14日 (火)

ハンブルクの呪い

米国の野球、メジャーリーグには奇妙な言い伝えがある。

ベーブ・ルースを放出したために、長い間ワールドシリーズに勝てなかったボストン・レッドソックスは「バンビーノの呪い」に取り憑かれていると噂されてきた。この呪いは既に解かれているが、シカゴカブスの「山羊の呪い」はまだ継続中だ。

ブラームスにも故郷ハンブルクについて似たような話がある。ブラームスはハンブルクからウィーンに進出して、文字通り国際的作曲家の座に駆け上ったのだが、本人は故郷ハンブルクでポストに就くことを希望していた。「俺が俺が」としゃしゃり出るタイプではないことも、微妙に影響して、とうとう生涯ハンブルクでのポストにありつけなかった。これを生涯独身の言い訳に使っている形跡もある程だ。もちろんブラームスの作品や演奏に対しては、ハンブルクはいつも暖かい反応を示したが、ポストにありつけない巡り合わせはブラームスを嘆かせた。

最初の挫折は1862年11月だ。長く努めたグルントの後任に、友人のシュトックハウゼンが選出された。これが相当なショックで、クララ・シューマンに愚痴をたれたらしい。ウィーン進出を決心するキッカケになったことが確実視されている。真相は闇の中だが、ブラームスが貧民街の出身だったからとも言われている。その後もハンブルクフィルハーモニーの音楽監督の空席は2度もブラームスを通り越して外国人にあてがわれた。

1889年になってハンブルク市は不手際を謝罪し、ブラームスを名誉市民に選ぶ。あろうことか1896年になって音楽監督のオファーを出すというおまけつきだ。さすがにブラームスはこれを悲しげに断った。

一方後世の研究者の中には、デトモルトに始まってウィーン楽友協会に終わったブラームスの勤め人稼業がどれも3年以内の在任にとどまり、延長のオファーに応じていないことを理由に、ハンブルクでもきっと長くは続かなかったと推測する人もいる。

故郷ハンブルクに対するこうした一連の執着は、伝記の書き手により扱いに濃淡があるので注意が必要と思われる。

« 駅コン | トップページ | 郵便番号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンブルクの呪い:

« 駅コン | トップページ | 郵便番号 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ