ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 渡り鳥ライン | トップページ | ハフラバ »

2011年6月10日 (金)

コルヴェット艦ハンブルク

コルヴェット艦とは3本の帆柱を持つ軍用艦のことだ。ドイツ語で「Korvette」と綴る。咸臨丸もコルヴェット艦だったと申せば形の想像は容易だろう。ドイツの軍艦には地名や人名が付与される。コルヴェット艦ハンブルクは1841年4月6日にブレーマーハーフェンで進水した。当時プロイセン海軍の軍港はキールかヴィルヘルムスハーフェンだった。ブラームスの故郷ハンブルクは貿易港だから軍艦が寄港することは無かろう。ブラームスが幼い頃見かけたというオチにはちょっと無理がある。

しかし、例によって音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第1巻72ページに興味深い記述がある。1868年夏、ブラームスは友人のアルベルト・ディートリヒと連れ立ってヴィルヘルムスハーフェンの大軍港を見学したとある。しかもそれはブラームスの希望だったとアルベルト・ディートリヒが明言している。ブラームスは軍艦に興味を持っていた可能性がある。

コルヴェット艦ハンブルクは、1852年には退役して民間に払い下げられた後、1859年まで商船としてデンマークや英国と行き来していた。商船になってしまえば、ハンブルク港に寄港していたどころか、母港にしていた可能性も低くはあるまい。

« 渡り鳥ライン | トップページ | ハフラバ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コルヴェット艦ハンブルク:

« 渡り鳥ライン | トップページ | ハフラバ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ