ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブラームスゆかりの街 | トップページ | アルスタースズメ »

2011年7月19日 (火)

MEMBRAN

ドイツのレーベル。中古CDショップを徘徊していてお宝を発見した。ドイツMEMBRAN社製の「ドイツ民謡集」全10枚組だ。価格は1050円。速攻ゲット。

聴いてみる。全部で155曲のドイツ民謡が収録されている。未知の作品もかなりあった。何より面白いのは演奏家だ。全部で20組ほどになる。このレーベルが版権を持つ録音の中から「めぼしいドイツ民謡を集大成しました」という感じだ。解説書が読めない、録音が一部古いという難点はあるが、お買い得だった。

アカペラあり、ピアノ伴奏あり、オケ伴ありで飽きさせない。往年の大ソプラノ・シュワルツコップも歌っている。コロラトゥーラをちりばめた歌い崩しが微笑ましい。「Es stehen drei Birken auf der Heide」という作品があった。「Birken」は「白樺」で、「Heide」は「荒野」だからぎょっとした。ロシア民謡「白樺は野に立てり」を思い出したが旋律は全く別物だった。

特にお宝はウィーン少年合唱団」の歌う「Kein schoner Land im diese Zeit」(美しき谷間に)が聴けたことと、「Wach auf mein herzen Schone」が聴けたことだ。後者はブラームスが5通りの編曲を残した佳曲だが、ここで聴けるのはブラームスの5種類とは別の編曲だ。

« ブラームスゆかりの街 | トップページ | アルスタースズメ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MEMBRAN:

« ブラームスゆかりの街 | トップページ | アルスタースズメ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ