ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« MEMBRAN | トップページ | 港町ハンブルク »

2011年7月20日 (水)

アルスタースズメ

先日入手したMEMBRANN社製の「ドイツ民謡集」10枚組を眺めていて面白いことに気付いた。9枚目と10枚目のCDのタイトルや歌い出しの部分に地名が出現する。

  1. Bi uns in Altona 
  2. An de Alster,an de Elbe,an de Bill
  3. Meine Ostsee
  4. Einer Mowe von der Elbe

「Altona」はハンブルクの地区名、「Alster」はハンブルクの湖、「Elbe」はハンブルクが面する大河、「Ostsee」はバルト海だ。つまりこれらはハンブルク関連地名だ。そのつもりで10枚目のCDの演奏家を見て驚いた。「Hamburger Alsterspatzen」となっている。「Spatzen」は「Spatze」の複数形。「Spatz」は微妙な単語でいろいろな意味があるけれどここは素直に「スズメ」と解する。演奏する団体の名前として「ハンブルクのアルスタースズメ」という程度の意味だろう。

CDの演奏を聴く限り歌手付きの楽団だ。オーケストラよりも気軽な感じの団体だと解して間違いはあるまい。「ハンブルク、アルスター、楽団」というヒントで思い出す人物がいる。ブラームスの父親だ。息子のコネで最終的にはハンブルクフィルのコントラバス奏者になったが、それ以前は「アルスターパビリオン」の楽団で弾いていた。アルスタースズメという団体名だったかどうかは不明だが、何だかかすっている気がする。

演目は港町ハンブルクを象徴するようなタイトルばかりが並んでいる。

Dscn2900

« MEMBRAN | トップページ | 港町ハンブルク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アルスタースズメ:

« MEMBRAN | トップページ | 港町ハンブルク »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ