ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大看板 | トップページ | Bundeskanzlerin »

2011年7月16日 (土)

お盆のファンタジー8

昨日昼頃になって二日酔いで起きてきたブラームスと対照的に、ジムロックはまた冷静な口調で何卒サインをと言ってきた。交渉の続きがお望みらしい。すっかり打ち解けて度胸がついた私は「英語版の版権もつけて20000マルクではいかがか」と言ってみた。ジムロックさんが困った顔をしているのを見てブラームスが「わしもつきあいは長いが、こいつの困った顔をみるのは珍しい」としゃしゃり出る。茶化し専門だ。ジムロックはここでブラームスとひそひそ話を始めた。

やがてこちらにむきなおったジムロックは「英語版込みで15000マルクではいかがか」と譲歩して見せた。ブラームスは「わしの交響曲1曲と同じじゃよ」と何気にアシスト。ブラームスにアシストされてはこれ以上ごねるのも無理だ。「OK」と言うとジムロックは嬉しそうに握手を求めてきた。私が「で、英語版の翻訳は誰に頼むの?」と訊くとあっと驚く答えが返ってきた。「ドヴォルザークにお願いする」とは転んでもタダでは起きない商売人だ。

こちらも提案することにした。15000マルクは要らないから「ドヴォルザーク全作品の楽譜をくれ」と言うとジムロックもブラームスも腰を抜かさんばかりに驚いた。「本当にそれでいいのか」と私の顔をマジマジとのぞき込んだ。「出来ればドヴォルザークのサイン入りがいい」と言うと「それが一番難しい」と腕組み。

たった今帰っていった。フランクフルトに寄って帰るらしい。決勝戦を生で見るのだろう。今年は全く楽器に触らずに商談に徹した感じだった。驚いたのは帰り際に漏らしたジムロックの一言だ。「ドヴォルザークの辞書を書いたらまた版権を売ってくれ」とは仰天の申し出だ。この手の先読みが敏腕経営者の条件に違いない。

次女が高校オケに入った話しもしそこなった。

« 大看板 | トップページ | Bundeskanzlerin »

コメント

<narkejp様

ありがとうございます。
お盆ネタは来年までお待ちください。

「お盆のファンタジー」シリーズを楽しく拝見しております。私も15,000マルクよりもドヴォルザークの楽譜のほうがいいなあ。当地はど田舎ですので、ドイツ・マルクなど使い道がありませんが、ドヴォルザークの全楽譜なら、使い道はいくらでもありそうです(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆のファンタジー8:

« 大看板 | トップページ | Bundeskanzlerin »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ