ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« お盆のファンタジー6 | トップページ | 大看板 »

2011年7月14日 (木)

お盆のファンタジー7

地震と女子サッカーの話が一段落するとブラームスはジムロックに話を振りながら「昨年連れてこようと思ったが、ドヴォルザークと一緒では、喧嘩になるからな」とジョークの先制攻撃。

そこに入ってきた娘たちは「誰この人」という反応だ。渋過ぎる来客だ。難しいので説明は諦めた。やがてジムロックがバッグから一枚の紙を取り出した。一番末尾を指さしながら、ペンを差し出してくる。私にサインをしろということらしい。ブラームスはニヤニヤしている。文面はきれいにタイピングされたドイツ語だが、全く読めない。困っていると横からブラームスが「こいつはいつもこんなだ。地震よりビジネスばかりだよ」と口を出す。「うっかりサインなんぞしちゃいかん。これは契約書だ」

おおってなもんだ。よく見ると中程に「Brahms no jisho」と書いてある。ジムロックは私の著書「ブラームスの辞書」のドイツ語版の版権を買いたいと低い声で切り出した。ライプチヒのドイツ国立図書館で見かけたと言っている。「ホントはオレが教えたんだ」とまたまた口を出すブラームス。「こいつと駆け引きしても無駄だよ。さっさとサインしちまいな」などとさっきと逆のことをけしかける。

買い取り価格の提示を見て驚いた。10000マルクだ。目を丸くしているとまたもやブラームスが「あんたもこの辞書を書くのに一年かけたんだろ、だから奴の気が変わらぬうちにさっさとサインをするに限るさ」とウインクするお茶目なブラームスだ。

成り行きを見ていたジムロックは「ドヴォルザークさんには黙っていて下さい」とも言っている。そりゃあそうだ。交響曲第8番に1000マルクを提示して紛糾したことは有名だ。「ドイツ語への翻訳は、天国で森鴎外先生にお引き受け頂きます」と仰天の提示があった。さすがジムロックだ。手回しがいい。

ここで長女がビールの用意が出来たといって入ってきた。商談はそこで止まってしまった。

« お盆のファンタジー6 | トップページ | 大看板 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆のファンタジー7:

« お盆のファンタジー6 | トップページ | 大看板 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ