ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ウーヴェ・ゼーラー | トップページ | ブンデスリーガ »

2011年7月 5日 (火)

門前払い

議論が本質に到達する前に却下されること程度の意味だろう。する側は「軽い気持ちで悪気無し」であることも少なくないが、された側のダメージは概ね小さくない。

ブラームスを巡る最大の門前払いは、1850年3月に起きた。17歳のブラームスはハンブルクを訪れたロベルト・シューマンに自作を送って批評を乞うた。それをロベルト・シューマンは封を切らずに返送した。

ロベルト・シューマンの伝記にはほとんど現れない出来事だが、ブラームスの落胆は相当なものだろう。1853年10月デュッセルドルフのシューマン邸における感動的なエピソードに隠れているが、ブラームス側の伝記では無視出来ぬ出来事だ。そういうものだ。門前払いを巡る当事者双方における事の重大性の認識には、かくの如き差があるものだ。

このエピソードが我々後世の愛好家の知るところとなっているのは不思議だ。誰がニュースソースなのだろう。ブラーム自身が周囲に語る以外には考えられない。シューマン自身が「私は若きブラームスを門前払いした」などと周囲に語るハズがない。ブラームスを世間に紹介した記事は、ブラームスの発見者になれた喜びに満ちているが、3年前に門前払いをしたことには言及していない。ブラームスはおそらく1853年の夏、しきりにシューマン訪問を薦める友人たちに「実はね」という具合に語ったものと解される。門前払いにもめげずに訪問するのは勇気が要ったと思う。

やがてブラームスは押しも押されもせぬ楽壇の大物になる。ブラームスに対して自作を送ってくる若者は多かった。大抵は取るに足らぬ作品だったらしい。そのときになってはじめてシューマンの門前払いを理解し水に流したと思われる。

« ウーヴェ・ゼーラー | トップページ | ブンデスリーガ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウーヴェ・ゼーラー | トップページ | ブンデスリーガ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ