ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 方言周圏論 | トップページ | 未刊の民謡たち »

2011年9月15日 (木)

民謡の手書き譜

世界最高のブラームス本マッコークルの「ブラームス作品目録」は、民謡の部分についてもさすがに芸が細かい。WoO31から38に至る「ドイツ民謡集」がきっちりと掲載されているほかに、ブラームスが残した各国民謡の手書き譜が全て載っている。さすがに譜例は無いものの作品の歌い出しのアルファベット順でなんと240作品に及ぶ。

厳密に申せばモテットも含まれているが、民謡についてはブラームス編曲として刊行した作品の楽譜は30曲に過ぎない。民謡収集の範囲はドイツを中心に欧州諸国を網羅する感じだ。ドイツを除けばロシア、ポーランド、スウェーデン、ノルウェイ、デンマークなどが多い。フランスまであるのが微笑ましい。

筆写した年代も1850年代から1880年代までずっと続いている。ブラームスは欧州各地の民謡に触れ、これはと思う作品をせっせと書きとめたのだ。刊行にこぎつけた民謡はその精華、抽出物であると心得たい。さらに付け加えるなら、ブラームスの耳に触れた民謡の数は、ここに掲げられた数の数倍に及ぶと思う。

1894年になって、これらの譜面を整理する中から「49のドイツ民謡」を選び出したのだ。

« 方言周圏論 | トップページ | 未刊の民謡たち »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民謡の手書き譜:

« 方言周圏論 | トップページ | 未刊の民謡たち »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ