ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ミンダス | トップページ | ブラームスの中のなでしこ »

2011年9月 9日 (金)

民謡収集の担い手

ドイツ民謡の収集活動の実態について調べていて興味深い事実に巡り会った。エルク以前に民謡の収集に携わったのは以下の面々だ。

  1. ヘルダー 
  2. ゲーテ
  3. ウーラント
  4. アルニム
  5. ブレンターノ
  6. グリム
  7. ファーラースレーベン

すぐに気付くのは全て詩人または文学者だということだ。これらの人々による民謡の収集は、なんとテキストだけに限られていた。民謡集と題されていながら楽譜が添付されていないと言うことだ。現代の民謡学の常識ではテキストと旋律が密接不可分とされているから少々意外な気がする。この現象は19世紀初頭までの民謡収集は、ロマン派文学運動の一環だったからと説明されている。

ブログ「ブラームスの辞書」でたびたび言及しているルートヴィッヒ・エルクは、民謡収集の現場に始めて足を踏み入れた音楽家だと位置づけてよい。エルクの功績はテキストと旋律を公平に扱ったという点にある。ブラームスが生きた時代はそういう時代だった。

« ミンダス | トップページ | ブラームスの中のなでしこ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民謡収集の担い手:

« ミンダス | トップページ | ブラームスの中のなでしこ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ