ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Volkstumliches Lied | トップページ | 民謡の採譜とは »

2011年9月 6日 (火)

年頃

本日次女16歳。「セレナーデ2寿」

年頃とは良く言ったものだ。ここ最近亡き妻と私がつきあっていた頃のことを話すと、お姉ちゃんと一緒に興味深そうにしている。頻繁に話題にする訳ではないが、やりとりの中身から判断すると2人とも最早子供とは言えない。その点では長男が一番無邪気だ。

16歳女子と言えばそういうものだ。

シューマン夫妻の長女マリエが、父ロベルトを失ったのが15歳の時だった。ライン川への投身が13歳の頃だから、年頃にさしかかる多感な時期に父の最期の日々が重なる。ロベルトの投身とともに駆けつけて一身を投げ打って一家を支えたブラームスは、マリエの目にどう映っていたのだろう。

娘たちの感覚の鋭さを見るにつけ、思うことがある。ブラームスが抱いていたクララへの思いが、事実上マリーに筒抜けだったのではあるまいか。皮肉にもロベルト・シューマンの死をもって一段落することになるこの思いが、日夜一緒に過ごしたマリーに伝わらぬハズがない。あるいは次女のエリーゼでさえ気付いていたかもしれない。

« Volkstumliches Lied | トップページ | 民謡の採譜とは »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年頃:

« Volkstumliches Lied | トップページ | 民謡の採譜とは »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ