ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ジルヒャー | トップページ | リハーサル見学 »

2011年10月 7日 (金)

民謡としての野ばら

ゲーテのテキスト「野ばら」は、多くの作曲家の帰依を勝ち取った。物の本によれば100人を越える作曲家が曲を付けているという。ブラームスもその一員であることは既に述べた。中学だか高校の音楽の時間に、シューベルトとウェルナーの「野ばら」を続けて聴いたことがある。芸術歌曲として見る場合、この両者甲乙付け難い。

ところが奇妙なことがある。「ドイツ民謡集」というタイトルのCDにおいて収録されるのは、圧倒的にウェルナーが多い。シューベルトの「野ばら」がちっとも録音されていない。ブログ「ブラームスの辞書」で述べてきた「擬似民謡」として、シューベルトが認知されていない印象だ。同じシューベルトでも「菩提樹」は、民謡集で引く手数多だから、シューベルトが忌避されているわけではない。「野ばら」に関しては、シューベルトはおろかブラームスも旗色が悪い。

ハインリッヒ・ウェルナー(1800-1833)は1830年に作曲したこの「野ばら」1曲で不滅になっている。

« ジルヒャー | トップページ | リハーサル見学 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民謡としての野ばら:

« ジルヒャー | トップページ | リハーサル見学 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ