ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ABCの歌 | トップページ | 民謡としての野ばら »

2011年10月 6日 (木)

ジルヒャー

もっと早くに言及しておくべきフリードリヒ・フィリップ・ジルヒャー(1789-1860)である。

彼の創作である「ローレライ」はほぼ民謡と同等の扱いを受け世界中で親しまれている。菩提樹の合唱編曲版もまた民謡扱いである。ブラームスが書き留めていた「ターラウのエンヒェン」も彼の編曲で広まった。いわゆるドイツ民謡業界では最高峰に君臨する巨匠だ。民謡研究の大家エルクとは、微妙に意見が食い違っていたことも知られている。

ジルヒャーについて調べようといろいろあたったがあまり情報がない。「ローレライの作曲者」という一言で片づけられてしまっている感じがする。ところが、CDの通販サイト上で驚くべきCDを発見した。1500円を切る上に安心の「Christophorus」レーベルと言うこともあって即購入。

「ジルヒャー作品集」だ。ジルヒャーの創作または編曲の合唱曲が26曲収められている。何故か全部男声合唱だ。選曲はドイツ民謡のきれいどころが網羅されている感じだ。「これもジルヒャーだったか」という驚きに頻繁に遭遇する。少々古い1975年の録音だが問題なく楽しめる。

« ABCの歌 | トップページ | 民謡としての野ばら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジルヒャー:

« ABCの歌 | トップページ | 民謡としての野ばら »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ