ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ターラウの位置 | トップページ | 日本の中のドイツ民謡 »

2011年11月 9日 (水)

Gluckauf

「Gluck」の「u」はウムラウトだ。これで「やあ」とか「ごきげんいかが」などという訳が当てられている。「Gluckauf、der Steiger kommt」という民謡がある。「やあ、鉱夫がやってくる」くらいの意味だ。18世紀初頭の鉱山歌集に採録されているが、作者不詳だ。

曲を聴いて驚いた。WoO31-11の「子守唄」に似ている。山男たちの愛唱歌の割にはと言っては悪いが、敬虔な感じがする。

それもそのはずだ。「Gluckauf」とは坑内に入って行く鉱夫たちに「ご無事で」と声をかけるニュアンスなのだ。落盤や浸水の危険と背中合わせの過酷な仕事に向かう者たちを送る歌だった。本日話題の「Gluckauf、der Steiger kommt」という歌は「さあ行くぞ」と士気を鼓舞する側面よりも、「無事に上がって来れますように」という祈りが勝ったニュアンスだ。

元鹿島アントラーズのディフェンダー内田篤人が所属するのはドイツブンデスリーガ1部のシャルケ04だ。ホームタウンはルール工業地帯の鉱山の街ゲルゼンキルヘン。現在のホームフィールドはヴィルテンスアレナだが1928年から1972年までは「Gluckauf Stadion」だった。そう本日話題の「Gluckauf」だ。シャルケは若い鉱夫たちによって開設されたクラブでオールドファンは選手のことを「Die Knaben」(若い鉱夫たち)と呼ぶらしい。すっきりとした辻褄。

« ターラウの位置 | トップページ | 日本の中のドイツ民謡 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/48017616

この記事へのトラックバック一覧です: Gluckauf:

« ターラウの位置 | トップページ | 日本の中のドイツ民謡 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ