ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ローレライ | トップページ | ターラウの位置 »

2011年11月 7日 (月)

Herr,lehre doch mich

中古CDショップを徘徊中掘り出し物を発見。話せば長くなるから手短に。Oktaviansというドイツの声楽アンサンブルのCDを購入。解説書によれば2006年にイェーナフィルハーモニー少年合唱団のOBと現役8名が集まって結成されたという。2010年に名のある賞をとってこれがデビューアルバムだそうだ。とにかく驚いた。以下何に驚いたかを箇条書きにする。

  • 20歳そこそこのイケメンの写真がジャケットを飾っている。
  • デビューアルバムのタイトルが「AUFTAKT」という。ご存知の通り「強拍の準備としての弱拍」の意味。曲の立ち上がりのことを指すことが多い。いわゆる「弱起」だ。デビュー作への意気込みがこめられている。
  • パレストリーナがあったと思うとグリーンスリーヴス、ビートルズやアルバートハモンドまである。ドイツにとどまらず世界に羽ばたくという意欲の現われか。
  • メンデルスゾーン、ジルヒャーの常連に混じってブラームスの「Waldesnacht」op62があった。ドイツ民謡もいくつか手堅く収録されている。
  • 解説の冊子はついているのだが、メンバーの紹介だけで、収録曲の解説や歌詞は載っていない。渋過ぎる。
  • 7曲目が最大の驚き。本日のタイトル「Herr lehre doch mich」だ。ブラームスの愛好家にはこれだけで驚かすのには十分だ。ドイツレクイエムの第3曲冒頭を飾るバリトン独唱のテキストに一致している。

このところアカペラの声楽アンサンブルにはまっている。

« ローレライ | トップページ | ターラウの位置 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Herr,lehre doch mich:

« ローレライ | トップページ | ターラウの位置 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ