ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Calmus ensemble | トップページ | Da unten im Tale »

2011年11月 3日 (木)

お嬢さんご一緒に

「Jungfraulein,sol ich mit euch」と歌い出される民謡。「49のドイツ民謡集」WoO33の11番に置かれている。

1894年に出版されたこの曲集はブラームスの民謡研究の集大成だ。だからここに収録されているということは、ブラームス本人に相当な愛着と自信がある証拠だ。WoO32およびWoO34からWoO38までの民謡集とテキストや旋律の重複が頻繁に起きている。合唱版では見られない凝ったピアノ伴奏も散見される。

ところが、このWoO33-11は例外だ。重複が見られない。合唱版も独唱版も先行する曲集に存在せず、集大成たるWoO33にいきなり登場する。ブラームスの遺品に含まれていた数葉の手稿譜が残るだけだ。これだけの作品が他に痕跡を残していないことが腑に落ちない。ブラームスがこの作品に出会ったのがハンブルクを離れた後、さらにWoO34の出版の後である可能性が高いと思う。

屈託のない明るさが、快速なテンポでサクッと歌われる。耳を澄ませば民謡らしからぬ凝った伴奏を持っていることが判る。主旋律以外の旋律線がクッキリと仄めかされている。民謡に対位法的な処理が施されている感じだ。

だからいっそう不思議なのだ。

« Calmus ensemble | トップページ | Da unten im Tale »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お嬢さんご一緒に:

« Calmus ensemble | トップページ | Da unten im Tale »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ