ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« コンバート | トップページ | ギター伴奏 »

2011年11月26日 (土)

どこにも無理がない

一昨日の続き。音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻106ページ、またまたホイベルガーと民謡談義に花が咲いた。

おそらくこのとき出版間近になっていた「49のドイツ民謡集」WoO33の中の1つをブラームスが弾いて聴かせたのだろう。曲を知らなくてゴメンと恐縮するホイベルガーを「ここいらでは誰も知らないから」とブラームスが慰める。実際ホイベルガーは民謡には明るくないようだ。彼のことだ、もし聴いた作品のタイトルが判っていれば記録に残したと思う。

ブラームスはある作品の冒頭の楽譜を指して、「アンタもプロならこれがどうして美しいか判るだろ」と水を向ける。そして「どこにも無理がない」と指摘するのだ。

私はプロじゃないから、全く判らない。仮にどの作品か判明したところで、実感出来ないだろう。作曲上の無理とはいったいどういうことをいうのだろう。

旋律の進行とテキストの割付、旋律とベースの関係などなど妄想は広がるが、理詰めで感じることが出来ない。

« コンバート | トップページ | ギター伴奏 »

コメント

<alt wien 様

おお。やっちまいました。CisじゃあなくてCでした。とにかく4小節目の冒頭に「E音」が存在しません。ドーヴァー版ですけど。

アルトのパパ様

cisに修正とは不思議ですね(a-mollなので)。私が見ている楽譜はこのようになっております。http://s.pic.to/uw19

<alt wien様

これはこれは、ますますディープな切り口。私の理解のはるか上を行く視点でございます。さっそく楽譜を眺めてみましたが、その箇所は「gis-d→a-cis」になっています。平行五度が何者かによって修復されたのでしょうか。
もう少し作曲やピアノ演奏についての知見を持ち合わせているだけで、新たな地平が拓けそうです。


アルトのパパ様

ご返信ありがとうございます。

いいえ、そんな大した者ではありませんので、、また大変な労作の末のブログと推察いたします。

29番と推測したもうひとつの理由は3-4小節にgis-d→a-eの「禁則違反」があるからです(1オクターブ離れてほぼ無罪になっていますが)。
「(禁則違反めいた進行が含まれるにも関わらず)無理がない」とブラームスは言いたかったのかも、と推測しました。※回想録集は物置の奥にあるはずですが原文は確認しておりません。

<alt wien様

いらっしゃいませ。
いやはや驚きました。やはりプロフェッショナル同士では、分かり合えてしまうものなのですね。WoO33-29と名指しされても、実感には程遠いのが実情です。
そんなことより、ブログ「ブラームスの辞書」がプロフェッショナルの方に読まれてしまったことのほうが、やばいと言えばやばいです。

初めまして。作曲をやっている者です。
各声部が縦横のバランスを取って美しく書かれている時に、作曲のレッスンでは「よく流れている」など言ったりするのですが、そういう意味で冒頭部を探すと29番がそれに当たるのでは、と思います。(あくまでもWoO33の中からで言えば、ということですが)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこにも無理がない:

« コンバート | トップページ | ギター伴奏 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ