ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 日本の中のドイツ民謡 | トップページ | Das Liederprojekt »

2011年11月11日 (金)

二人の王子聴き比べ

2011年11月11日の「1並び」を記念して、慣れないCDコレクションネタを発信する。柄にも無い「聴き比べネタ」だ。交響曲、協奏曲、室内楽やピアノ曲についてやるほどの耳もコレクションも備えていないから、お気に入りのドイツ民謡で真似事をやってみる。題材は「二人の王子」だ。

  1. エーリヒ・クンツ 小編成のアンサンブルによる伴奏は私としてはマイナス評価だが高名なバリトン歌手だけあって歌唱に破綻は無い。クラシック系の歌手が民謡を歌うとコネ回す感じになることもあるが、この人は淡々と語りかけてくる。
  2. ドレスデンカンマーコール レーガー編曲。例の民謡集23曲のトリを飾る演奏。いやはや絶妙だ。
  3. コンツェルトコールダルムシュタット これもお気に入りのアルバムから。実はレーガー編曲。上記2番との比較が面白い。甲乙付けがたい。
  4. レーゲンスブルクカテドラルコール 他の団体とは少しメロディが違う。微妙な歌い崩しの味わいがある。
  5. ヴェルニゲローデ少年少女合唱団 ギターのシンプルな伴奏に乗って淡々と歌われるが絶妙。2コーラス目のソプラノ独唱の清らかさ、それに続いて3コーラス目に合唱が復帰するところの味わいが計算ずくとわかっていても感動的。
  6. キングズシンガーズ これまた素晴らしい編曲。3コーラス目でテノールが1小節おくれでおいかけるカノンの効果が劇的。
  7. ユリアーネ・バンセ ピアノ伴奏と独唱。特筆すべきは唯一第7コーラスまで歌ってくれていることだ。ギリシャ神話に題材を求めたバラードであることを考えると貴重だ。ブラームスのお友達ユリウス・レントゲンの編曲というシャープなオチがついていた。
  8. カルムスアンサンブル レーガー編曲。本来合唱用なのだがこれを声楽六重唱で聞かせてくれる。鳥肌モンの色艶。上記2,3の合唱版と比べると、かえって濃い感じがする。

Singer purSingphonikerが「二人の王子」を収録していないことがつくづく残念だ。

« 日本の中のドイツ民謡 | トップページ | Das Liederprojekt »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二人の王子聴き比べ:

« 日本の中のドイツ民謡 | トップページ | Das Liederprojekt »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ