ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 民謡という下地 | トップページ | コンバート »

2011年11月24日 (木)

イ長調4分の3拍子

リヒャルト・ホイベルガーという人物がいた。ブラームスのお友達で作曲家だ。相当親しい間柄である。ブラームスは「49のドイツ民謡」を出版前の段階で彼に見せている。そのときの様子が音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻の中でいきいきと記述されている。

ブラームスはホイベルガーに批評を請うた。あまり遠慮するのも申し訳なく思ってホイベルガーは一箇所指摘したという。「イ長調4分の3拍子の作品の後奏が弱いかと」と恐る恐る指摘すると、ブラームスも同意だったという。

今ではWoO33を背負う「49のドイツ民謡集」の中のどの作品なのかというのが本日の話題だ。手がかりは「イ長調4分の3拍子」ということだが、実は鮮やかなことにWoO33の中にこの条件を満たすのはただの1曲しかない。作品の批評に際して「イ長調4分の3拍子」という言い回しをする以上、作品の特定が完璧でなければなるまいが、さすがにそこはツボをおさえていた。

「Soll sich der Mond nicht heller scheinen」WoO33-35である。2007年7月6日の記事「フライデー理論」で日曜日に似ていると指摘した曲だ。

実際に楽譜を見ると歌が終わったあとに後奏がある。しかし、このときのホイベルガーの指摘によりブラームスが改訂したのか、そのまま放置したのかは我が家の楽譜を見る限り判然としない。

« 民謡という下地 | トップページ | コンバート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イ長調4分の3拍子:

« 民謡という下地 | トップページ | コンバート »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ