ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Herr,lehre doch mich | トップページ | Gluckauf »

2011年11月 8日 (火)

ターラウの位置

10月31日の記事「Aのウムラウト」で「ターラウのエンヒェンAnnchen von Tharau」に出てくるターラウが地名であると書いた。これがどこだかさっぱり判らぬとも書いた。我が家にあるドイツの地図を隅から隅まで探しても発見できなかった。このほどその原因がわかった。

ターラウはケーニヒスベルク近郊だった。ケーニヒスベルクは一筆書きの問題で有名な街だが、現ドイツ領ではない。カリーニングラードという名前になっている。ロシア領だ。ドイツの地図をいくら探しても無いわけだ。たいそうな田舎かと申せばとうでもない。ドイツを統一に導いたプロイセンの故地でもある由緒ある街だ。

ターラウ在住の牧師さんが娘の結婚式にと作ったのが「ターラウのエンヒェン」だという。楽譜に書きとめていたブラームスはこのことを知っていたハズ。ブラームス在世当時、ケーニヒスブルクはプロイセン領だったから、地名を聞いてピンと来るに決まっている。

« Herr,lehre doch mich | トップページ | Gluckauf »

コメント

<てぃんぱにゃー様

「お得情報」などと言われると恥ずかしいばかりです。

現ロシアのカリーニングラード州にある「Waldimirowo」という街が1946年まで「Tharau」と呼ばれていたらしいのですが、確認中です。我が家にあるロシアの地図はアバウト過ぎて役に立ちません。

さすがです!
毎度のことながらお得情報が詰まってますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ターラウの位置:

« Herr,lehre doch mich | トップページ | Gluckauf »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ