ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« エルクの矛盾 | トップページ | Herr,lehre doch mich »

2011年11月 6日 (日)

ローレライ

ライン川中流ザンクト・ゴアール近辺にある岩山。船運の盛んだったライン川の難所。流路のカーブと暗礁により遭難する船が多く、19世紀になって伝説が生まれた。語源は古いドイツ語で「lure」(罠)「rei」(岩)とも言われている。辻褄が合い過ぎていてかえって怪しい。

詩歌に頻繁に登場する地名がある。日本なら吉野、富士、真間の入江など。ローレライはドイツの歌枕という感じである。

ハイネのテキストにジルヒャーが曲を付けた「ローレライ」は、日本の音楽の授業でも取り上げられる程、有名だ。実は実はクララ・シューマンもこのテキストに曲を付けている。我が家にもCDがある。たしかに同じテキストだ。夫のロベルトの作品「リーダークライス」op39の3曲目「森の対話」は、このローレライ伝説を踏まえている。こちらはアイヒェンドルフのテキスト。

民衆に広く歌われていることが民謡の条件だとするなら、やはりジルヒャーの「ローレライ」があてはまる。

« エルクの矛盾 | トップページ | Herr,lehre doch mich »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローレライ:

« エルクの矛盾 | トップページ | Herr,lehre doch mich »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ