ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 連弾試演 | トップページ | 有休の訳 »

2011年12月28日 (水)

ドイツ学生連盟

「Deutschen Burschenschaft」の和訳。各大学の学士会が参加する上部組織ことだ。1815年イェーナで組織された。絶妙な時期そして場所。

まずはタイミング。1815年といえばウィーン会議の翌年だ。ドイツにとって大事なことがここで決められた。ナポレオン無き後の欧州の秩序を定める会議だったのだ。その結果ドイツは従来通り小邦乱立が維持された。いわゆるメッテルニヒ体制。列強とりわけフランスとオーストリアは「ドイツに統一国家が出来ては困る」という一点では一致していたということだ。その翌年成立したドイツ学生連盟の趣旨は「ドイツの統一」であった。つまりウィーン体制への反動が学生たちを駆り立てたということだ。ドイツ関税同盟の成立に約20年も先んじる統一の遥かなる導火線だと感じる。舐めてはいけない。この動きを警戒したメッテルニッヒはやがてカルルスバート決議に見られる学生運動弾圧に傾いてゆく。

そして場所。イェーナは学生運動の中心地だと考えていい。コッツェブーの事件をきっかけにイェーナ大学の学士会が解散に追い込まれたのは偶然ではない。一連の弾圧の流れの中で捉えられるべきだ。イェーナの学士会解散の折に作られた学生歌「我らは立派な校舎を建てた」が一部では学生歌扱いとされていなかった痕跡がある。何らかの政治的な背景を感じずにはいられない。

« 連弾試演 | トップページ | 有休の訳 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ学生連盟:

« 連弾試演 | トップページ | 有休の訳 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ