ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 口笛紋章 | トップページ | 学生牢 »

2012年1月14日 (土)

Bundeslied

「Bundes」は名詞を後方に従えて「連邦の~」という意味を生じる機能がある。ドイツサッカーリーグは「ブンデスリーガ」と呼ばれている。「ブンデスバンク」は「ドイツ中央銀行」だし「ブンデスバーン」は「ドイツ国有鉄道」だ。

だから本日のお題「ブンデスリート」ともなれば「国歌」の意味かとも思われるがそうではない。「学士会歌」を指す。ドイツの大学には校歌学歌に相当するものが存在しないらしい。その代わりに各学士会が独自の学士会歌を持っている。

学士会歌も日本で言う校歌とは少々違う。日本ではオリジナルに作詞作曲されるのが常だが、ドイツの学士会歌は、既存の民謡または学生歌に独自の歌詞をあてがうことで成り立つ。歌詞はオリジナルというえば言えるが、どちらかというと替え歌に近いらしい。

ブログ「ブラームスの辞書」が学生歌特集を始めて間もなく、「民謡」と「学生歌」の境界が不明確と指摘したが、その秘密がこれで解ける。既存の民謡または民謡調歌曲に、独自のテキストをあてて、これを学士会歌としてしまうのだから、それらが学生歌集に掲載されるのはしごく当然である。だから「ブラームスの子守唄」が「学生歌集」に載っているということも不思議ではない。あの旋律に独自の歌詞をあてて大学生が唱和しているのだ。

そして今後の課題をひとつ。

ブラームスが大学祝典序曲を献じたブレスラウ大学の学士会歌を調べたい。ブラームスが引用した学生歌が、ブレスラウ大学学士会のいずれかのブンデスリートになっていたなどという、シャープなオチを想像している。さらに昨日話題にした口笛紋章との関連も興味ある課題となる。

« 口笛紋章 | トップページ | 学生牢 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bundeslied:

« 口笛紋章 | トップページ | 学生牢 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ