ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シューマンの学生歌 | トップページ | カルミラブラーナ »

2012年1月29日 (日)

便溺

聞きなれない言葉だ。意味もよくわからない。「べんでき」と読むのだと思う。1871年から1873年にかけて、欧米を視察した岩倉視察団の報告書に相当する「米欧回覧実記」の中に出現する。帰国から5年後に刊行された5編100巻の大著。明治の日本らしく漢文調の難解な単語ばかりだ。

ドイツ帝国の首都ベルリンの記述の中に、「学校ノ勢力ハ甚盛ナリ」(学校の勢力ははなはださかんなり)と始まる一節がある。当地ベルリンの学生の様子がやや批判的なニュアンスで語られる。以下「遊園ニ劇飲シ、酔ヲ帯ビテ高吟朗謡、或イハ路傍ニ便溺ス」とある。「公園でバカ飲みし、泥酔して大声で歌ったり」まではすぐ判るが「便溺」が難解だ。「道端で汚物を撒き散らし、眠り込んだり」くらいの意味だろうか。

さらに別の場所には、ベルリンはパリやロンドンに比べれば質朴だが、最近の繁栄とともに浅薄な風俗もはびこってきた他、気風が粗野になってきたとある。気風が粗野になった原因は、兵隊と学生だと断言する。兵隊はここ数年打ち続いた戦争が理由で増長したと分析する一方、学生はフランスからの自由の言説に影響されてか、警察力も及ばないと結ぶ。

「高吟朗謡」されたのが学生歌だった可能性は高いと見る。

« シューマンの学生歌 | トップページ | カルミラブラーナ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 便溺:

« シューマンの学生歌 | トップページ | カルミラブラーナ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ