ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Katzenmusik | トップページ | シャウエンブルク酒宴歌集 »

2012年1月17日 (火)

ビスマルクの罪状

ゲッティンゲン大学在学中、ビスマルクは頻繁に決闘に及んでいた。もちろん当時だって決闘は非合法だったのだが、血の気の多い学生たちは、しょっちゅう決闘していたから、学内でよほどのことが無い限りは黙認だった。ゲッティンゲン大学在学中ビスマルクの決闘の回数を調べて驚いた。たった1年半の間に25回も決闘に及んでいる。毎月1回以上のペースだ。まさに学内敵だらけ。中には28回とする書物もあるから恐れ入る。ビスマルクが所属したのは左翼系のブルシェンシャフトはではなくて右翼系の同郷学士会だったらしい。騎士の伝統を重んじた過激な保守派だったと目されており、決闘が奨励されていたという。

あるときビスマルクは怒りに任せて拳銃を用いた決闘を企てたところ、これが密告によって大学当局の知るところとなって、学生牢送りとなった。収監期間の満了を待たずにベルリン大学に転籍が決まったために、転校先のベルリン大学で残りの期間収監されることとなった。学生牢への収監が別大学に引き継がれるのかと、妙なところで感心した。

これに懲りたかどうかは不明ながら、ベルリン大学転校後は、決闘を企てていないらしい。

« Katzenmusik | トップページ | シャウエンブルク酒宴歌集 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビスマルクの罪状:

« Katzenmusik | トップページ | シャウエンブルク酒宴歌集 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ