ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ファーラースレーベン | トップページ | ブレスラウという接点 »

2012年1月 6日 (金)

受賞理由

19世紀も半ばを過ぎても、ドイツの大学ではラテン語が幅を利かせていた。ブラームスに哲学の名誉博士号を授与したブレスラウ大学も例外ではない。ブラームスへの学位授与の理由は下記の通りである。

「artis musicae serveris in Germania nunc princeps」

「今日のドイツにおけるもっとも厳格なる音楽芸術の長」くらいの意味。ラテン語で標記されることで半端でないありがたみも付与される。授与のわずか8年前にドイツ帝国が成立していることも、ありがたみを増強している。ローマ時代然とした「Germania」の一言が輝いている。

« ファーラースレーベン | トップページ | ブレスラウという接点 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受賞理由:

« ファーラースレーベン | トップページ | ブレスラウという接点 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ