ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ビスマルクの罪状 | トップページ | 宴会の作法 »

2012年1月18日 (水)

シャウエンブルク酒宴歌集

19世紀学生歌の集大成であり金字塔。ヘルマンとモーリッツというシャウエンブルク兄弟により1858年に刊行された。兄ヘルマンは医者で学士会の会員。弟モーリッツは出版人だ。

刊行の年のうちに4版を重ねるほどの売れ行きとなった。第一次世界大戦の始まった1914年には早くも100版に達した。酒宴歌集には膨大なニーズがあったということだ。確認出来た最も新しい版は1978年の160版である。つまり100年越しのベストセラーということになる。

カルミナブラーナにまで遡るという学生歌の淵源を発して、たどり着いた一つの到達点がこの「シャウエンブルク酒宴歌集」だと申してよい。シャウエンブルク兄弟の功績の一つは、信頼できる編集人を2人起用したことだ。一人はジルヒャーだ。彼は超有名な「ローレライ」の作曲者、つまり音楽家である。今一人はルートヴィッヒ・エルクである。19世紀最高の民謡学の泰斗だ。文献と音楽の両面に巨匠を配置したということだ。学生歌集の編集に民謡学の第一人者が起用されたことそれ自体が、民謡と学生歌の密接な関係を物語っている。

« ビスマルクの罪状 | トップページ | 宴会の作法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャウエンブルク酒宴歌集:

« ビスマルクの罪状 | トップページ | 宴会の作法 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ