ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 正確な歌唱 | トップページ | ある仮説 »

2012年2月26日 (日)

絶妙な辻褄

音楽之友社刊行の「ブラームス回想録集」第2巻15ページ。ホイベルガーの証言は思うだに貴重である。1877年12月13日ブラームスが学生歌を歌ったことが明記されている。このタイミングはまさに絶妙と言わざるを得ない。

「大学祝典序曲」op80はブレスラウ大学からの学位授与に対する返礼だ。1876年に授与を申し出たケンブリッジ大学は、授与式へのブラームス本人の出席を理由に、まんまと辞退されてしまった。そのあたりの経緯が、おそらくブレスラウには伝わっていたと思われる。授与式への出席を求めない代わりに、祝典的な音楽作品を書くことだけが条件だった。

ブレスラウ大学からのこの申し出は1879年3月のことである。学位を受ける決意をしたブラームスが実際に「大学祝典序曲」を完成させるのは1880年である。大学への返礼とする作品に学生歌を盛り込むのは、おそらくブラームス自身のアイデアだろう。ブレスラウ大学からの申し出の1年少々前に、ブラームスが実際に学生歌を歌ったという証言は貴重だ。間違えずに歌えたということ自体もさることながら、学士会の酒宴作法にも通じていた可能性が高く、単なる旋律の借用にとどまらない思い込みを感じさせる。

« 正確な歌唱 | トップページ | ある仮説 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶妙な辻褄:

« 正確な歌唱 | トップページ | ある仮説 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ