ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 低音弦 | トップページ | 学士会名誉会員 »

2012年2月22日 (水)

ゲルマン部族の名前

「大学祝典序曲」のタイトルが、すんでのところで「Viadrina」になっていたかもしれない話は既にした。ブレスラウはオーデル河畔の街で、そのオーデル川のラテン名が「Viadrina」だった。その周辺を調べているうちに学士会のネーミングについてデータが集まった。川の名前に混じって古代ゲルマンの部族名が採用されているケースが目立つ。

  1. Allemania アレマン族。今のスイス地方。フランス人はドイツをアレマンという。
  2. Cheruscia 英雄アルミニウスの出身部族。
  3. Cimbria キンブリー人。紀元前2世紀。ローマと最初に接触したゲルマン人。
  4. Frankonia フランク人のこと。
  5. Germanius 文字通りゲルマン人。
  6. Saxonia ザクセン人。その名残りはアングロサクソンに見られる。
  7. Suevia スエビ族。バイエルンの遠い先祖という説。
  8. Teutnia チュートン人。「Deutsche」の語源である可能性は捨てきれない。

などなどだ。ドイツ学士会の基本理念の一つに愛国がある。ドイツを突き抜けて古代ゲルマンの流れを意識させるネーミングが多い。

« 低音弦 | トップページ | 学士会名誉会員 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲルマン部族の名前:

« 低音弦 | トップページ | 学士会名誉会員 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ