ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 狐の年 | トップページ | 親称と敬称 »

2012年2月 8日 (水)

シュモリスとフィドゥツィット

盟友の誓約を交わした学生同士が、酒宴の席上でお互いの関係を確認し合うために交わす決まり文句のことだ。

まず「シュモリス」は、「Schmollis」と綴られるが、元はラテン語で「Sis mollis」(良き友であれ)が転じた形だ。

さらに「フィドゥツィット」は「Fiduzit」または「Fiducit」と綴られるが、同じくラテン語起源だ。「fiducia sit」(その件承知した)に由来する。

たとえば私が学士会においてブラームスと盟友関係にあったとする。その酒宴の席上、私はビールが注がれたグラスを持って立ち上がり、ブラームスに対して「Schmollis Brahms」と声をかける。ブラームスは直ちに立ち上がって「Fiduzit」と発声しながら、ビールグラスを高く掲げて一気に飲み干す。これが両者の盟友関係を確認する酒宴上の大切な作法とされていた。

そして「Fiducit」と通称される学生歌が実際に存在する。「シュモリス」の問いかけに対して「フィドゥツィット」と応ずる声がないと嘆く歌。つまりそれは盟友の死を悼む歌だ。数ある学生歌中の絶唱だと感じる。淡々としたテキストが朗々と歌われる孤高の長調だ。

« 狐の年 | トップページ | 親称と敬称 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュモリスとフィドゥツィット:

« 狐の年 | トップページ | 親称と敬称 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ