ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« びっくりの続き | トップページ | 記事2500本 »

2012年2月14日 (火)

鹿狩

中世ドイツにおける狩は、いやいや19世紀においてさえしばしば貴族のたしなみだったという。彼らが狙う獲物の代表が鹿だ。ドイツ語で「Hirsch」(ヒルシュ)という。多くの場合、鹿は「Schwarzbraun」と形容されている。「黒褐色の鹿」だ。男性名詞である点にさえ目を瞑れば「つぶらな瞳」「黒褐色の毛」「か細い足」を持つ鹿は、しばしば若い女性を象徴することとなる。一方貪欲にどこまでも鹿を追い詰める狩人は、つまり男性を象徴するのだ。

ブラームスの「少女はばら色の唇」WoO33-25は、恋人を象徴する5つの色がまばゆい民謡だが、そこで「Scwarzbraues Magdelein」は、黒褐色の(髪を持つ)女と表現されていて、鹿を形容する言い回しと一致する。

一方「おいらは鹿を討つ」(Ich schiess den Hirsch)というドイツ民謡では勇壮な1,2番の歌詞が3番では、瞬時に恋の胸のうちを明かす歌詞に転ずる。

「Schwarzbraun」と形容されるものがもう一つある。「Bier」だ。まさに「Das schwarzebraunen Bier」というタイトルの学生歌がある。「Schwarzbraun」という切り口で「鹿」「女」「ビール」という具合に容易に連想が発展する。そのせいでもなかろうが、狩をテーマとする民謡の多くが、学生歌に転用されている。私にも覚えがある。学業そっちのけで音楽に打ち込んでいたというのは表向きで、実は女性との語らいやコンパが楽しみでもあった。現代日本ではキャンパスの鹿狩どころか、狩人が草食化してしまっているらしい。

しかし本日に限って黒褐色といえばチョコレートがふさわしい。

« びっくりの続き | トップページ | 記事2500本 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿狩:

« びっくりの続き | トップページ | 記事2500本 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ