ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 学生歌のノリ | トップページ | 何千回も挨拶を »

2012年2月17日 (金)

物はついで

あまり突き詰めるともはや「ブラームスの辞書」ではなくなってしまうから、どこかで歯止めはかけねばならないが、どうにも止まらぬ性格だ。

「シューマン合唱曲全集」に「野ばら」があったり、ブラームスの「死に神」WoO34-13と同じテキストの作品があったりと退屈しない。既に作成済みの「ミンダス」を頼りに、「シューマン合唱曲全集」の中の作品をマッチングしてみた。シューマンが自らの合唱曲の中に、ドイツ民謡のテキストをどれほど取り入れているかが判る。

  1. Es ist ein Schnitter 先の「死に神」だ。
  2. Es war ein Konig
  3. Es wollt ein Madchen fruh aufsthen
  4. Im schatten des Waldes,im Buchcen gezweig 「流浪の民」だった。
  5. Sah ein Knabe ein Roslein stehn 「野ばら」だった。

全91曲中で5曲は少ない感じだ。「流浪の民」が一部の民謡系CDで民謡扱いなのが効いている。

メンデルスゾーンやシューベルトあたりで調べると面白そうだ。

« 学生歌のノリ | トップページ | 何千回も挨拶を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 物はついで:

« 学生歌のノリ | トップページ | 何千回も挨拶を »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ