ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴィアドリーナ再考 | トップページ | ユニバーシアード »

2012年3月28日 (水)

ザラマンダー再考

ブラームスには「Salamander」と綴る歌曲があることは既に述べた。本日はそれとは別の話だ。学生歌を育んだ学士会には、さまざまな作法がある。酒宴における作法はとりわけ多岐にわたっていたらしい。乾杯の瞬間に「ビールの泡が消えていること」さえ作法違反とされている。

そうした酒宴作法のうちもっとも重要なものが「Salamander」(ザラマンダー)と呼ばれている。スペルも発音も火中に棲む両生類「ひとかげ」と同じだから紛らわしい上に、辞書には現れない典型的な学士会用語だ。

  1. 宴会長が起立し儀礼剣を抜き短いスピーチ。
  2. 宴会長が「ザラマンダー、アインス、ツヴァイ、トライ」と発声し一気飲み。
  3. 続いて皆で「ザラマンダー開始、1,2,3,1,2,3・・・・・」と発声しながら空のグラスをテーブルに軽く叩きつける。(飲み干している証拠かも)
  4. 最後に宴会長が「ザラマンダー終了」と発声すると一同「ブラーボ」

これら一連の手順のことが「ザラマンダー」と呼ばれているのだ。日本の「乾杯」あるいは「お手を拝借」の三本締めをあわせたような所作である。

何故これが「ザラマンダー」と呼ばれているのかについて、ご当地ドイツでも決定的な定説がないらしい。

« ヴィアドリーナ再考 | トップページ | ユニバーシアード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザラマンダー再考:

« ヴィアドリーナ再考 | トップページ | ユニバーシアード »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ