ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 4カ国語 | トップページ | 1862年 »

2012年5月10日 (木)

オルロフ侯爵夫人

1862年8月フランス駐在大使だったビスマルクは、南仏ピアリッツで休暇を過ごす。同地に保養に来ていたのが、ロシアのブリュッセル駐在公使オルロフ侯爵夫妻だった。休暇中しばしば夫妻とビスマルクは交流したが、美貌の侯爵夫人カタリーナに一目ぼれというのが真相らしい。このときビスマルク47歳カタリーナ22歳。

カタリーナは、ロシアのトルベツコイ公爵の娘で、達者にピアノを弾いたとされている。ビスマルクも彼女の演奏を聴いている。そのレパートリーは、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンだったとされている。ここにブラームスが入っていれば万々歳なのだが、そうも行かない。ブラームスは当時ちゃきちゃきの現代音楽だろう。1862年といえば、第一交響曲はもちろん、ドイツレクイエムもハンガリー舞曲もまだ世に出ていない。ブラームスがレパートリーに入っていないほうが自然だ。カタリーナはロシア貴族の令嬢だ。貴族令嬢のたしなみとして幼少の頃からピアノに親しんでいて何の不思議もないが、ベートーヴェン、シューベルト、メンデルスゾーンとは端正なレパートリーである。ロシアもなかなかやるわいという感じ。

美人薄命とはこのことか、カタリーナは1875年に35歳で急逝し、その頃ドイツ帝国宰相の座にあったビスマルクは侯爵に哀悼の意を示したという。

« 4カ国語 | トップページ | 1862年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルロフ侯爵夫人:

« 4カ国語 | トップページ | 1862年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ